Sexy Zone 10.4発売 【ぎゅっと】

大好きなSexy Zoneのニューシングル、ぎゅっとがいよいよ発売になりました。


ご本人達に届くかは別として、感謝を伝えたくて このブログを書き始めました。



5年前からSexy Zoneを応援し始めて、"青春"というものは全てSexy Zoneにかけている…みたいな高校生活をしています。笑



中学生時代、虐めに遭って「不登校」というものになりました。大好きだった音楽も辞めて、信じていた友達も離れていって、親からは他人に言われても傷つくようなことを当たり前に言われる。毎日が辛くて辛くて、生きるということから逃げ出そうとしたこともありました。



でも、そんな私をいつも支えてくれたのは Sexy Zoneの存在でした。学校の先生に絶望的だと言われた高校受験も、なんとか公立の志望校に合格できたのは Sexy Zoneのみんなのおかげで頑張れたからです。



3年前の出来事。3人と2人に分かれての活動が始まって、聡くんが好きな私にとって 本当に苦しかったです。大好きなはずなのに 心の底から頑張れって言えない、大好きだって言えない。聡くんはどんどん酷い扱いをされていく。生意気なガキだと言われても、どうしても事務所の人が許せなかった。一般の方に、聡くんが "目立たない可哀想な子"だと思われるのが悔しかった。



再編から1年半後、Sexy Zoneはまた5人で再出発をして、今がある。そんな5人が歌う「ぎゅっと」だからこそ、私は涙が止まらなかったです。



高校でもやっぱり上手くいかないことはあって、もう人と関わるのが怖くなっていた時、ぎゅっと を初めて聴きました。




『 生まれてから死ぬまでの一生の中に、どんな幸せが待ってるんだろう。もうちょっと、あともうちょっと、頑張ってみてもいいかい。』


『どんなに今辛くたって、君を待ってる人がいる』 


『今もずっと泣いて、今日もずっと泣いて、ここまでやってきたんでしょ  大丈夫。』


 


辛くて仕方なかったところに、大好きな5人が寄り添ってくれてる気がして、頑張れって言ってくれてる気がして 涙が止まらなかった。発売日、フルで聴いて、やっぱり素敵な歌だなって思った。




それでも夜は明けるけれど、君にとってはツラいんだろうな』




学校が怖くて、夜 全然眠れなくて、 寝不足が続いてた。「辛くても夜は明けちゃうけど 頑張ろう!」って歌はあるけど、辛いんだろうな…って言ってくれる歌は聴いたことがなかった。



色んなことを乗り越えてきて、それを自分が見てきた大好きな人たちの歌うこの歌詞が、凄く心に響いて。


まだまだ子供で、大人に比べたらちっぽけな悩みだって馬鹿にされたことがあった。でも、そんな私にも Sexy Zoneのみんなが隣に寄り添ってくれて、ゆっくりでいいから頑張ろうよ って言ってくれてる気がして、もうちょっと頑張ってみようって思えた。



これからきっと、もっともっと辛いことが待ってるかもしれないけど、私には大好きなSexy Zoneがいるから大丈夫。"自分にだけは嘘はつかないで"、真っ直ぐ前を見て頑張っていく。



いつだって私を助けてくれるのは、やっぱりSexy Zoneのみんなでした。本当に本当にありがとう。



Sexy Zoneがいつかトップになることを信じて、ずっとずっとついていきます。



素敵な曲を 本当にありがとうございました。