読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い薔薇に誓う

Sexy Zone presents Sexy Tour 2017  STAGE

 

 

f:id:sm0929:20170519093530j:plain

 

 

どうしても今回のツアーの感想を書きたくてたまらなくて、人生初のブログを開設してしまいました。

 

語彙力を微塵も持ち合わせない低能なそのへんの松島担ですので、細かなレポはもっともっと語彙力のある方がTwitter等に載せていたり、イラストにして載せてらっしゃる方がいますので そちらをご覧になってください。(雑) 本当に個人的な感想や話が続きます。笑

 

 

全部書くと長くなりすぎるので、個人的に好きなポイントを厳選して書かせていただきます。

 

High!! High!! People

大好きです。大好きなんです。風磨くん天才………… 大人になったけど、あのときのキラキラ輝いた可愛いSexy Zoneはいなくなってない。むしろ可愛さ増してる…… 恐ろしい…… 

 

 

Teleportation / It's Going Down!

初日に入ったとき、びっくりしすぎて叫びもせずに唖然。

ふまけんのソロ曲を5人で歌って踊る。だからこれ考えた風磨くん天才…(2回目)

2曲とも聡ちゃんのダンスが本当に活きていて、ただただ最高でした。早く映像化お願いします……… ノーカットで………

あと It's Going Down!での マリウスさんの"Time's up"がかっこよすぎます。多分あそこで会場の9割以上が1回天に召される。

PON!でも映像が流れてましたが、Teleportationのふまけんの背中合わせ…… なんだか修二と彰っぽさを感じました。2人でドラマやろう…… 好き……(ジャニヲタになったきっかけが修二と彰様です)

 

Sexy Zoo 〜 私のオキテ

君だけFOREVERを歌ったあと、聡マリだけが捌けて3人はステージに残り 動物の着ぐるみたちと踊ります。ここで風磨くんの伝説の"デェェェェン!!"が生まれました。しゃがむときに言うので おそらくdown!!と叫んでらっしゃるんだと思います。あれがツボです、好きです。笑

 

そして曲が終わり、やたらと背の高いパンダさんと ちょっと小さめのトラさんが出てきます。(身長差で初日に出てきた時から中身が即バレした2人)

ステージ真ん中の決まった地点を踏むと、音が出ます。"Sexy!!" "Zone!!"という音が出たとき、トラさんが自分のSexy Zoneを押さえます。引っぱたくぞ??純粋なパンダさんの前で何やってんだ??(自担)

しばらくその小芝居(言い方)が続いて、Sweety Girlが始まります。頭とったら もちろん中身は聡マリ!! これが最高に可愛い。聡マリの公開イチャイチャ。可愛い。(11270330回目)

曲の中盤で、うさぎと猿とライオンが出てきます。明らかに様子とテンションがこの3人だけおかしい… 中身は うさぎ→風磨くん、猿→健人くん、ライオン→勝利くんでした。そりゃおかしいわけだ(だから言い方)

… 風磨くん、うさぎの耳のところ掴んで持っとくのやめよ?笑

 

Sweety Girlが終わると、白い大きな布が下りてきて 5人のシルエットが映し出されます。そこから生着替え…… 「なんか下がふわってしてる… えっ、スカート…?なんで??え??(初日の私の心の中)」帽子に長い毛のようなものがついています。初日の会場大混乱。

そして幕が落ちると、女装した5人が立っていて私のオキテが始まります。会場発狂。

ダニーちゃん……49………おかえり…………(号泣)

私のオキテを5人でやってほしいという長年の夢が叶いました。ジャニーズが女装すると 誰か1人おかしい人がいて笑いが起きる ってよくあると思うんですが、会場にいる全ての女子が即降参する 5人の可愛さとスタイルの良さ。映像化待てないから少クラでやろう……笑

 

Break out my shell

号泣。涙腺おかしい、ぶっ壊れた(確信)

最初に バリーン!!という音と共に モニターにガラスの割れる映像が流れたあと、聡ちゃんが映って、曲が流れます。

ずっとずっと待っていた初ソロ曲で、聡ちゃんの今までの気持ちがたくさん詰め込まれている曲。

まず何よりも、あんな大きな会場で聡ちゃんのソロがあることが物凄く嬉しかった。このあとまた書くので ここでは長く言いませんが、今までずっと諦めないで頑張ってきてくれた聡ちゃんに感謝でいっぱいになる曲。

 

STAGE

5周年に5人で作詞した曲。今回のツアータイトルにもなっています。

"STAGE"の、Sを"5"に変えて、「 5TAGE 」。ドイツ語では TAGE=月日、5人の月日 という意味が隠されています。ドイツ出身のマリちゃんがいるSexy Zoneだからこそのタイトルになってるんじゃないかと思います。

 

とにかく詞が凄くいい。

http://j-lyric.net/artist/a055cda/l03d130.html

ここに載っているので、もし聴いたことのない方がこれを読んでくださっていたら 是非見てみていただけると嬉しいです。

 

私はオーラスには入れなかったんですが、STAGEのときに聡ちゃんが泣いたというレポを見て 凄く嬉しかったです。なんで自担の涙が嬉しいんだと思う方がいるかもしれませんし 友達からも言われたんですが、聡ちゃんはどんなに格差が酷くても、あの体制のときも、絶対に一度も私たちファンの前では泣きませんでした。逆にそこが心配で、いつか聡ちゃんが壊れてしまうんじゃないかと思っていました。

でもその聡ちゃんが ファンの前で大号泣してくれて、やっと涙を見せてくれたことに、聡ちゃんが安心して泣ける環境に今いることができていることに安心したし、嬉しかったです。

 

 

 

健人くん、風磨くん、勝利くん。何があっても 2人が帰ってくる場所を守り続けてくれてありがとう。 あんなに叩き続けたファンに、離れないでいてくれてありがとうと言ってくれた3人は、本当に優しいし、かっこいい。

 

聡ちゃん、マリちゃん。あのとき、諦めないで頑張ってくれてありがとう。2人は一度も辛そうな顔なんてしなくて、「僕達は大丈夫だよ。今は頑張るとき。」と私たちに言ってくれて 苦しかった気持ちが和らいだのを覚えています。

 

Sexy Zoneのみんな。どんなときも、笑顔を見せてくれてありがとう。またこうやって 5人でいてくれてありがとう。素敵なステージ、思い出をありがとう。負けないで頑張ってきてくれてありがとう。

 

私はマリちゃんよりも2つ年下のガキで、あの体制のときもまだ中学生で、大人のファンの方や メンバーみんなに比べたら何もわかってなかったかもしれない。辛くて苦しくて、なんで聡ちゃんばっかり?って思って、Sexy Zoneから離れようとした。でも信じてついてきて本当によかった。

 

Sexy Zoneがファンを裏切る時が 死ぬ時なら、私もSexy Zoneを裏切る時は死ぬ時です。これからも、ずっとずっと5人が大好きです。

f:id:sm0929:20170519110938j:plain